妊娠15週の胎児やママの様子は?流産の危険性はある?

妊娠15週

つらいつわりを乗り越えつつある妊娠15週。妊娠4カ月目の最後の1週になります。安定期を迎える直前の妊娠15週は、赤ちゃんとママにどんな変化がみられるのでしょうか。

妊娠15週の赤ちゃん

妊娠15週:胎児の様子

この時期の妊婦検診は、おなかの上からエコーで赤ちゃんの様子をみる腹部超音波検査が主流です。妊娠15週の赤ちゃんの大きさや成長過程をみていきましょう。

赤ちゃんの大きさは?

妊娠15週の赤ちゃんは大まかな発達が完了し、これからは細かい部分が成長していきます。大きさは約40~80g、身長は約10~14㎝で、グレープフルーツほどの大きさになります。おっぱいを探す吸てつ反射がこの時期から始まっており、エコーでは赤ちゃん特有の指しゃぶりをしている姿が見られるかもしれません。

頭髪や産毛が生えてくる

赤ちゃんに髪の毛や産毛が生えてきます。エコーでは見づらい髪の毛ですが、生え方のクセなどはこの時期にもう決まっているそうです。また全身に生えてくる産毛は、デリケートな赤ちゃんの肌を、羊水から守ってくれる役割もあります。

皮膚が半透明

薄くて透明だった胎児の肌は、少しずつ厚みを増して半透明に成長します。しかしまだまだ皮膚は薄く、中の血管は透けて見えています。とても繊細な肌ですが、羊膜や羊水のおかげで外部の刺激から守られています。

妊娠15週のママの変化

妊娠15週:食事

子宮が大きくなるにつれて、さまざまな身体の変化が感じられる妊娠15週。安定期までもう少し、ママの身体の変化をみてみたいと思います。

つわりの終わりがみえてくる?

妊娠3~4カ月ごろにピークを迎えたつわりは、妊娠5カ月目の安定期に向けて徐々に落ち着いてくるでしょう。つわりは個人差が大きいですが、妊娠15週はつわりの山を越えて、少し楽になってくるころです。

ママのおなかの大きさ

赤ちゃんがグレープフルーツくらいの大きさなので、子宮はそれよりも大きく幼児の頭ほどの大きさになっています。裸になってみると、下腹部がポッコリ出ているのが感じられるでしょう。タイトな服を着ていると、おなかが目立つようになります。

胎盤の完成間近!

赤ちゃんへ栄養を送るのに大切なのが胎盤。この胎盤は妊娠15週で完成一歩手前です。胎盤と赤ちゃんのへその緒は2本の動脈と1本の静脈でつながっており、栄養を送ったり、老廃物を受け取ったりしています。このへその緒、出産間近には約50㎝もの長さになるそうです。

胎動を感じる?

胎動について、「感じ始めたのは安定期以降」という方がほとんどのようです。妊娠15週では赤ちゃんがおなかの中で元気に動いていても、まだ小さく胎動を感じることは少ないでしょう。これから赤ちゃんの成長と共に羊水が増えてくると、もっと活発に動くようになり胎動を感じやすくなります。

流産の確率は下がる

日本産科婦人科学会によると、流産は妊娠12週未満で起こる確率が最も高いといわれています。妊娠15週まで赤ちゃんが順調に育っていれば、流産の確率は妊娠初期に比べてグッと下がります。しかし流産する確率はゼロではないので、無理をしないような生活を心がけるようにしましょう。

つわりが落ち着いたらしておきたいこと

妊娠15週:妊娠線

つわりが落ち着いてきたら、おなかが大きくなる前にしておきたいことを集めてみました。

歯医者さんで虫歯チェック

つわりが治まってきたら、歯医者さんで歯のチェックをしてもらいましょう。つわりの時期は吐き気のせいで歯を十分に磨けなかったり、食べづわりで頻繁に食べ物が口に入った状態だったりして、口内環境が悪化している場合があります。

妊娠時の歯のトラブルは、胎児にも影響が出るといわれているので、出産という大仕事の前に虫歯や歯周病があれば治療しておきましょう。

妊娠線予防には保湿!

膨らみが目立ち始めたおなかは、これからどんどん大きくなります。すると気になってくるのが、おなかの皮膚がひび割れてできる妊娠線です。おなかだけではなく、おしりや太ももにも妊娠線ができることがあります。

一度できてしまった妊娠線はなかなか消すことはできません。妊娠線を予防するのに大切なのは保湿!妊娠線予防のクリームやオイルが販売されているので、今からきちんとケアしておくとよいでしょう。

母体血清マーカー検査の推奨時期

妊娠15週になると、母体血清マーカー検査「クアトロテスト」を受けることができます。

クアトロテストは妊婦さんの血液をスクリーニング検査して、ダウン症候群などの遺伝子疾患の確率を算出します。

検査の推奨時期は妊娠15週~17週ごろ。この検査は確定診断ではなく、あくまでも確率を求める検査で、結果は1/500など確率で報告されます。

21週ごろまで検査は可能ですが、クアトロテストの結果次第で羊水検査に進む場合を考えると、受けたい方は早めの方がよいでしょう。任意の検査で費用は2万円ほどかかります。

おわりに

妊娠4カ月ももうすぐ終わりを迎える、妊娠15週。今までつらいつわりに耐えていた方がたくさんいますよね。あともう少しで安定期に入ります。妊娠中にやっておきたいことをリストにして、これからの予定を立ててみてはいかがでしょうか。

葉酸サプリ比較編集部
葉酸サプリ比較は葉酸サプリ選びに迷っている妊活・妊娠中の方をサポートする情報サイトです。おすすめの葉酸サプリのレビューや口コミ、人気ランキングのご紹介だけでなく、基礎知識やコラムなども幅広く掲載しています。
編集部がおすすめする葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリは売上No.1を誇る人気の葉酸サプリ。雑誌などの掲載も多くたくさんの先輩ママに選ばれてきました。妊活~妊娠期に必要なビタミン・ミネラルの他23種類もの野菜、美容成分までぎゅっと詰め込んだバランスサプリです。迷ったらまずベルタ葉酸サプリを選べば間違いありません!

  • モノグルタミン酸型葉酸400μg配合(厚生労働省推奨)
  • 妊活~妊娠に必要なビタミン・ミネラルを配合
  • GMP認定工場製造で安全
  • 無添加
  • 初回1,980円とお得!