【妊娠初期】妊娠5週の胎嚢の様子は?心拍は確認できる?

妊娠5週の胎嚢

妊娠5週はまだ妊娠に気が付かない人もいるくらいの時期。月でいえば妊娠2カ月に入ったところです。おなかの赤ちゃんはどんな成長をみせてくれるのでしょうか。

妊娠5週って気が付くの?

妊娠5週妊娠検査

妊娠5週は生理予定日から1週間後にあたる、妊娠初期の期間。ちなみに妊娠数週の数え方は、最後の月経開始日を妊娠0週と数えます。

「あれ、生理が遅れているな」「ちょっと体調がすぐれないな」と、計画妊娠でなければなかなか自身の妊娠に気が付かない時期でもあります。後から振り返れば、「あのときは妊娠していたから体調が悪かったのね」などと思うかもしれません。

妊娠5週:妊娠検査薬で陽性になる?

市販の妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後からの使用を推奨している商品が多くあります。まさに妊娠5週目あたりから。

妊娠すると分泌されるホルモン「hCG」が妊娠5週目ごろから急激に増加し、尿検査で妊娠を判断することができるようになります。妊娠検査薬で陽性が出たら、産婦人科を受診しましょう。その際、最終の月経開始日をメモしていけば妊娠週数が分かります。

胎嚢は見える?妊娠5週のエコー検査

妊娠5週エコー

産婦人科では尿検査で妊娠陽性反応が出ると、腟の中にカメラを入れる「経腟超音波」で検査を行います。その際痛みを感じることはあまりないでしょう。そこでまず確認するのが、胎嚢の存在です。

胎嚢とは、子宮の中にある赤ちゃんのお部屋のこと。赤ちゃんの成長とともに大きくなり、中を羊水で満たしてくれます。胎嚢は妊娠5週目あたりから経腟超音波検査で確認できるようになります。

胎嚢の大きさ

エコーで胎嚢を確認すると丸型で黒くうつり、円の周りには白い縁取り(絨毛膜)が見えます。妊娠5週で確認できる胎嚢の大きさは5~15ミリほど。小さいけれどエコーではっきり確認できます。

5週目も後半に入ってくると、その中に赤ちゃんの存在「胎芽」が確認できるでしょう。胎嚢が確認できても胎芽が見えなければ、次週以降に再検査をしてもらいます。

胎児の登場

妊娠5週の胎児

胎嚢が確認されただけではまだ妊娠確定には至りません。では胎嚢の中の胎児はいつから見られるのでしょうか。

胎児の大きさ

妊娠5週目の後半には胎嚢の中に白いリング状のものが確認できます。これは「卵黄嚢(らんおうのう)」といって、胎児の栄養になるもの。そしてそのリングの一部がまるでダイヤの指輪のように膨らみ始めます。それこそが赤ちゃんの元「胎芽」です。胎児と呼ばれる前のこの胎芽、大きさはなんと米粒程度しかありません。

心音は聞こえる?

心音は妊娠5週目の後半から6週目くらいに、胎児がピクピクと鼓動をうつ姿がエコーで確認できます。心臓が動いている様子を確認できたら、そこで初めて妊娠確定です。妊娠5週は胎嚢や胎芽が形成される大切な期間になるんですね。妊娠が確定し出産予定日が決まったら母子手帳をもらいに行くことができます。

つわりはあるの?ママのからだの変化

妊娠5週のつわり

妊娠するとつわりを経験する方が多くいます。まだ初期の妊娠5週目につわりはあるのでしょうか。そしてママのからだにはどんな変化があるのでしょうか?

つわりの始まり

つわりは早い人で妊娠4、5週ごろから感じ始めます。妊娠8~10週にピークを迎え、妊娠4カ月の終わり(16週)ごろに落ち着いてくる方が多いです。妊娠5週はつわりの始まりで、好物を受け付けなくなったり、好みが変わったりすることも。

ただしつわりには大きく個人差があります。赤ちゃんが順調に成長しているなら、つわりがなくても特に心配する必要はありません。つわりが重くてつらい場合は医師に相談しましょう。

おなかの大きさ

前述したとおり、妊娠5週の赤ちゃんの大きさは米粒ほど。胎嚢の大きさも5~15ミリほどなので、ママのおなかを表面から見ても変化は感じられません。妊娠前に着ていた服も、今まで通り着ることができます。おなかは膨らんでいませんが、腹部を圧迫するような洋服は赤ちゃんが苦しいので避けた方がよいですね。

突然の不正出血。対応は?

妊娠5週の出血

妊娠初期に少量の出血や腹痛を感じることがあります。ただ、正常な妊娠でも出血することがあり、必ずしも異常があるわけではありません。ただしどんな種類の出血なのか必ず医師の診察が必要になります。

少量の出血なら緊急性はないといわれており、救急外来で診てもらう必要はないでしょう。出血量が多い場合、強い腹痛がある場合は夜間や時間外であっても医療機関を受診した方がよいでしょう。また出血した場合に備えて、普段からナプキンやおりものシートを使用しておくと安心です。

流産の確立は?

妊娠5週流産の不安

日本産婦人科医会によると、流産は全妊娠のうち約15%の確率で起こるそうです。その中でも妊娠12週未満の初期の流産は80%以上をしめます。妊娠5週目は流産が多い時期でもあるのです。

またママの年齢によっても流産の確率は変わります。妊娠5週目で早期流産してしまう場合、最も多い原因は赤ちゃんの染色体異常などが多いようです。これは残念ですが防ぎようのないもの。流産後、場合によっては手術が必要となることも覚えておきましょう。

妊娠に気が付いたらしたいこと

妊娠5週の食生活

妊娠に気付いたら赤ちゃんとママのために準備したいことがあります。特に、胎芽が形成される妊娠5週目にどう過ごすかは大切になります。

薬の服用に気を付ける

妊娠に気付いたら、安易に薬を飲むのは控えましょう。妊娠5週は胎児の器官が作られていく大切な時期です。定期的に飲んでいる薬も、安全のために産婦人科医に相談することをおすすめします。また妊娠する可能性があるなら、その前に薬の影響について調べておくと安心ですね。

葉酸の摂取

葉酸は妊娠前から摂取するのが望ましいといわれていますが、妊娠初期からでもぜひ摂取したい栄養素。葉酸には胎児の神経管閉鎖障害を予防する効果が認められています。

厚生労働省が推奨している葉酸摂取量は妊婦さんで一日に480㎍。毎日この量を食物から摂取するのは大変ですが、葉酸サプリなら手軽で確実に葉酸を摂取できます。

また、葉酸サプリの中にはビタミンやカルシウム、鉄などの栄養分がプラスアルファされているものがあります。赤ちゃんのためにも葉酸サプリで栄養バランスを補助してあげるのもおすすめです。

飲酒はNG。たばこの副流煙にも注意

妊娠中は少量でも飲酒はNG。アルコールは胎児に悪影響を及ぼすことが分かっています。特に妊娠初期は赤ちゃんの器官形成に大きな影響を与えかねません。

また、たばこも胎児には害そのもの。血液の酸素運搬能力を著しく低下させます。たばこを吸わないのはもちろんのこと、副流煙も避けるのが賢明です。

おわりに

妊娠5週の赤ちゃんは、一生懸命鼓動を打ち始めます。まだまだ小さいけれど、頑張って大きくなろうとしています。命の始まりはとても不思議で神秘的ですよね。

安定期はまだまだ先なので、ママも不安に感じることがあるでしょう。しかし、ママがリラックスしてストレスなく日々を過ごすことが赤ちゃんのためにも大切! あまり頑張りすぎないで胎児の成長を楽しみましょう。

葉酸サプリ比較編集部
葉酸サプリ比較は葉酸サプリ選びに迷っている妊活・妊娠中の方をサポートする情報サイトです。おすすめの葉酸サプリのレビューや口コミ、人気ランキングのご紹介だけでなく、基礎知識やコラムなども幅広く掲載しています。
編集部がおすすめする葉酸サプリ

ララリパブリック

ララリパブリックは国産野菜をまるごと使った体に優しい葉酸サプリです。葉酸だけでなくビタミンやミネラルを配合、これひとつで妊活~授乳期までマルチにまかなえます。迷ったらまずララリパブリックを選んでおけば失敗はありません。

  • モノグルタミン酸型葉酸400μg配合(厚生労働省推奨)
  • 鉄分、カルシウム、ビタミンなどをバランスよく配合
  • GMP認定工場製造で安全
  • 植物性の素材にこだわり無添加
  • 匂いをおさえて飲みやすい
  • 低価格で続けやすい